【株式市場】NYダウ連騰は好感されたが円相場に不透明感が漂い日経平均など軟調

2016年12月14日 12:21

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■新規上場のキャリアインデックスは公開価格の1.5%高で初値つく

◆日経平均の前引けは1万9235円46銭(15円06銭安)、TOPIXは1537.90ポイント(2.35ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億6342万株

 14日(水)前場の東京株式市場は、NYダウの7日続伸などが好感されてトヨタ自動車<7203>(東1)などが堅調に始まり、日経平均は朝方に33円76銭高(1万9284円28銭)まで上げる場面があった。ただ、米国の金融政策決定会合になるFOMC(連邦公開市場委員会)が現地時間の13日から14日に開催され、円相場に不透明感があるため様子見気分が漂い、日経平均は10時過ぎには65円77銭安(1万9184円75銭)まで軟化し、前引けも15円06銭安(1万9235円46銭)となった。主な株価指数では東証マザーズ指数が堅調。

 ブリヂストン<5108>(東1)が日本とEU(欧州連合)との経済連携協定などを材料に高値を更新し、安永<7271>(東1)はリチウムイオン電池素材の大幅増産という日立化成工業<4217>(東1)に関する報道を受けて連想が働いたとされて急伸。伏木海陸運送<9361>(東2)は日ロ間で定期船を運航するためロシア経済協力関連株の出遅れとして急伸。Gunosy<6047>(東マ)はキュレーションサイト問題に一定の距離があると見直されて出直り拡大。トレイダーズホールディングス<8704>(JQS)はビットコイン仲介への進出などが好感されて急伸。

 14日、新規上場となったキャリアインデックス<6538>(東マ・売買単位100株)は転職サイト「キャリアインデックス」の運営などを行い、朝の取引開始と同時に公開価格6060円を1.5%上回る6150円で売買が成立し初値がついた。前引けは5570円。

 東証1部の出来高概算は9億6342万株、売買代金は1兆1290億円。1部上場1998銘柄のうち、値上がり銘柄数は551銘柄、値下がり銘柄数は1311銘柄となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】なとりは年初来高値更新して15年高値に接近、17年3月期は増額余地(2016/10/11)
CSR(企業の社会的責任)とは何か?(2016/09/30)
【宮田修 アナウンサー神主のため息】親と子は「他者」なのか?(2016/10/01)
【注目銘柄】共同印刷は増額修正を好感して急伸、年初来高値を更新(2016/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース