ソフトクリエイトHDの子会社エイトレッドの東証マザーズ上場が承認される

2016年11月19日 14:34

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■エイトレッドはワークフローメーカーとしての開発及び販売、ワークフローのクラウドサービスを提供

 ソフトクリエイトHD<3371>(東1)は18日引け後、同社の子会社であるエイトレッドが東証マザーズ上場へ承認されたことを発表した。

 エイトレッドは、ワークフローメーカーとして、ワークフローソフトウェア「X-point」・「AgileWorks」の開発及び販売、ワークフローのクラウドサービスを提供し、ワークフローに特化した事業を行っている。

 これまでワークフロー市場の拡大を背景として、ワークフローパッケージソフトを販売し、現在では1,800社超の企業に導入され、事業を順調に拡大してきた。更に、クラウドサービス市場の拡大を背景として、平成23年10月に「X-point Cloud」サービスを立ち上げ、順調に拡大している。

 なお、同社の現在の所有株式数は、160万株(発行済株式数の80.0%)である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
日本エンタープライズとザイザックスはVRホラーゲームを共同開発し先駆けて公式サイトをオープン(2016/10/11)
【編集長の視点】鴻池運輸は1Q好決算を見直し2Q業績への期待を高めて反発し割安修正(2016/10/14)
キーコーヒー:キーズカフェ、新潟県下に初登場!(2016/10/14)
ケンコーマヨネーズはドレッシング・ソース類、サラダ・総菜類の新商品7品を発売(2016/10/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告