イトーヨーギョーは「無電柱化」材料に28日の都議会開幕を待つ

2016年9月26日 15:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ドンなどの大物が力を発揮するほど株価材料として大きくなるとか

 コンクリート埋設溝などのイトーヨーギョー<5287>(東2・売買単位100株)は26日の後場一段高となり、14時40分にかけて22%高の1327円(235円)まで上げてほぼ3週間ぶりに年初来の高値を更新した。「電線地中化」「無電柱化」工事などの関連銘柄で、9月28日に小池新東京都知事にとって初の議会となる東京都議会が開幕するため、東京オリンピックに向けた無電柱化の推進が議論される期待が再燃したとの見方がある。

 「政策に売りなし」と言うジンクスがあるため期待は大きいようだ。ただ、こうした社会基盤の整備などに関連する株は、議会にドンと呼ばれるような大物が居て力を発揮するほど株価材料としては大きくなるとされるため、今回はどの程度になるか注視する様子もある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【Newsで一枚】ケンコーマヨネーズは「ドレッシングの日」の記念日登録証授与式を実施(2016/08/24)
天然界面活性剤市場参入について、イワキの副社長岩城慶太郎氏に聞く(2016/07/26)
【材料でみる株価】日本アジアグループは新たな自己株式取得を発表(2016/09/02)
【編集長の視点】ヒロセ通商は続急落も総合利回り9%超の株主優待の権利取りが再燃し最高値奪回が有望(2016/08/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース