国立公園を世界水準のナショナルパークに―安倍晋三首相

2016年3月31日 11:43

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は自ら議長をつとめる「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」で観光を基幹産業に成長させるとし「訪日外国人旅行者数は2020年に4000万人、2030年に6000万人、訪日外国人旅行消費額も2020年に8兆円、2030年に15兆円をめざす」と観光先進国に向け政府が前面に立って万全の対策を講じる考えを示した。

 政府はこの考えの下、実効をあげるため、関係各府省局長級をメンバーにタスクフォースと観光戦略実行推進室を4月中に立ち上げる。

 安倍総理はこの日の会議で「赤坂や京都の迎賓館など、魅力ある公的施設も大胆に開放し、観光の呼び水とする。豊かな自然が凝縮された『国立公園』を世界水準の『ナショナルパーク』に生まれ変わらせる」と決意を示した。

 また「世界が訪れたくなる日本を目指し、今日決定した10の改革を着実に実行していくことで、観光先進国という新たな高みを国挙げて実現する」と観光立国として観光先進国入りを目指す考えを強調した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
フランスの若者には「お守り」が人気。観光対策のヒント?
パーソナルモビリティ・ロボット「Winglet」の公道走行実証実験、トヨタがお台場でスタート
外国人観光客が日本のホテルに期待することはおもてなしと、日本人が苦手な「アレ」
フェリーを「宿泊移動施設」に ホテル不足解消となるか
観光庁が寺社仏閣などでの国際会議開催に補助金 海外からの参加者を見込んで

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

「国内政治」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース