2016年2月25日 17:14

小

中

大

印刷

NTT都市開発が竣工式を行った地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」(写真:同社発表資料より)

NTT都市開発が竣工式を行った地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」(写真:同社発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • NTT都市開発が竣工式を行った地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」(写真:同社発表資料より)
  • NTT都市開発が竣工式を行った地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」の屋上テラス。(写真:同社発表資料より)
  • NTT都市開発が竣工式を行った地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」のエントランスホール。(写真:同社発表資料より)
  • NTT都市開発が竣工式を行った地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」(写真:同社発表資料より)

 NTT都市開発は25日、東京都中央区銀座1丁目で開発していた地上8階建てのオフィスビル「アーバンネット銀座一丁目ビル」の竣工式を行なったと発表した。

 同社によると、同ビルは「都心の中の開放感」をテーマとした。天井高約6mのエントランスピロティ、Wi-Fiが整備された屋上テラスなどを備える。外観は、陽の光の当たり方によって表情が変わり、時間の移り変わりを通行人に印象付けるデザインとなっている。1階店舗フロアには生活利便施設の誘致を予定する。延床面積約11,900平方メートルで、1フロアの事務スペースは約320坪。

 BCP対策としては、手動開閉窓、新耐震基準の1.25倍の強度を持つ構造、72時間の非常用発電システム、浸水対策や災害対策用備蓄倉庫などの設備を備える。

関連する記事

「住宅・不動産業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告