2016年2月14日 12:27

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■主に日本型オペレーティング・リース(JOL)事業を推進

 ジャパンインベストメントアドバイザー<7172>(東マ)の15年12月期の売上は前年同期比2.67倍、営業利益2.16倍と驚異的な大幅増収増益を達成。

 15年12月期連結業績は、売上高28億05百万円(前年同期比167.4%増)、営業利益11億55百万円(同116.2%増)、経常利益12億67百万円(同85.9%増)、純利益7億64百万円(同80.6%増)と前年に引続き驚異的な大幅増収増益。

 当社グループは、企業グループとして、主に日本型オペレーティング・リース(JOL)事業を推進してきた。金融商品は、海外の航空機のような大型運搬設備を利用する賃借事業者にとっては、資金調達面を活かせるリースである、という実需面と投資家サイドにとっては課税効果とキャピタルゲインによる投資効果を活かせるという二面性を有する金融商品。現在のような景気回復基調にあって、航空業界等の航空機に対する需要の高まりによるリーススキーム組成の機会増加と投資家サイドの投資意欲の増加により、積極的な商品販売を行うことができた。

 販売面では、営業担当者を新たに採用し、営業体制を拡充すると共に、全国の地方銀行、証券会社、会計事務所、コンサルティング会社等と新規にビジネスマッチング契約を締結することにより、特に地方の投資家と多くの接点を持つことができ、盤石な販路の拡大に努め、オペレーティング・リース事業におきまして12件の案件の販売を完了した。

 株式上場後、14年、15年と2期連続の大幅増収増益を達成しているが、3年目となる今期16年12月期も大幅増収増益。

 今期16年12月期連結業績予想は、売上高52億10百万円(前期比85.7%増)、営業利益23億62百万円(同104.4%増)、経常利益22億32百万円(同76.1%増)、純利益13億41百万円(同75.5%増)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【どう見るこの銘柄】トヨタ自動車(2016/02/02)
【材料でみる株価】ジェイテック急伸、インバウンド関連の特許でストップ高、利益も大幅増益、上値大きそう(2016/02/04)
【話題株】「小顔にみえマスク」のユニ・チャームは花粉症の季節が迫り5日続伸(2016/02/02)
アクモスが黒字転換を好感しストップ高となり「ドローン」人気も再燃(2016/02/03)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース