ワイヤレスゲートの15年12月期は主力の事業などが順調で4期連続の増収増益に

2016年2月13日 17:37

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■今期も増収増益、期末配当を1円増配へ

 ワイヤレスゲート<9419>(東マ)は12日、15年12月期連結累積業績を発表した。同時に今期の期末配当を1円増(前期は26円)の27円に増配する予定とした。

 売上高は、個人向けのSIM市場で厳しい競争環境の影響を受けたものの、主力の「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX」サービスが順調に推移したことで、前期比24.2%増の113億11百万円となった。また、M2M/IoTサービスやWi-Fiインフラ事業についても、新規案件の獲得が段階的に進捗し、売上高の増加に寄与している。利益面は、売上高の増加効果により、営業利益は同34.0%増の10億65百万円、経常利益は同34.5%増の10億62百万円、純利益は同37.1%増の6億84百万円となり、マザーズ市場上場後4期連続で増収増益を達成した。

 主な事業の取組みを見ると、ワイヤレス・ブロードバンド事業のモバイルインターネットサービスでは、「ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX」はWiMAX2+ギガ放題プランを中心に、引き続き順調に推移している。「ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE SIMカード」は、原価等の最適化に努めつつ、並行して他社との差別化の源泉であるWi-Fiの強化を更に推進するとしている。

 ワイヤレス・プラットフォーム事業では、課金プラットフォームを活用した電話リモートサービスは、新規会員の獲得に注力し、売上高は順調に推移したものの、認証プラットフォームは、小型案件の受注のみとなった。

 今期の連結業績見通しは、売上高が128億32百万円(前期比13.4%増)、営業利益が12億50百万円(同17.4%増)、経常利益が10億67百万円(同0.5%増)、純利益が6億60百万円(同3.5%減)を見込んでいる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】ツバキ・ナカシマは昨年12月16日に上場、15年12月期は営業利益34.1%増益へ(2016/02/02)
【編集長の視点】あんしん保証は反落もマイナス金利導入の追加緩和策で業績期待を高め直近IPO株買いの再燃が有力(2016/02/03)
【株式評論家の視点】ミズホメディーは昨年12月上場、免疫学的検査用試薬の大手、インフルエンザ検査薬が急増(2016/02/04)
【編集長の視点】ベル24HDは続落も3Qの主力事業堅調推移を手掛かりに内需系直近IPO株買いが再燃余地(2016/02/04)
【編集長の視点】ネオジャパンは連日の分割落ち後安値も新バージョンなど発売で連続最高純益更新に期待高め反転含み(2016/02/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース