ユニ・チャームが好決算など好感し後場急伸

2016年2月12日 12:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■日経平均は前引けの838円安から450円安まで回復するが94%が安い

 ユニ・チャーム<8113>(東1・売買単位100株)は12日の11時30分に前期決算(2015年12月期)を発表し、前引けの2005.0円(96.5円安)から後場寄り後は一気に5%高の2209.5円(108.0円高)と切り返す始まりになった。15年12月期は、この前の期が決算期変更にともなう9カ月決算だったため増減が単純比較できないが、総じて好調との見方があり、今期の見通しを経常利益12%増加、純利益16%増加などとしたため期待が高揚している。

 後場寄り後の東京株式市場は日経平均が前引けの838円安から450円安前後まで回復してきたが、いぜん、東証1部西部電気工業銘柄のうち94%に相当する1823銘柄が安く、値上がりしている銘柄は5%の93銘柄にとどまっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】ツバキ・ナカシマは昨年12月16日に上場、15年12月期は営業利益34.1%増益へ(2016/02/02)
【編集長の視点】あんしん保証は反落もマイナス金利導入の追加緩和策で業績期待を高め直近IPO株買いの再燃が有力(2016/02/03)
【株式評論家の視点】ミズホメディーは昨年12月上場、免疫学的検査用試薬の大手、インフルエンザ検査薬が急増(2016/02/04)
【編集長の視点】ベル24HDは続落も3Qの主力事業堅調推移を手掛かりに内需系直近IPO株買いが再燃余地(2016/02/04)
【編集長の視点】ネオジャパンは連日の分割落ち後安値も新バージョンなど発売で連続最高純益更新に期待高め反転含み(2016/02/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース