2016年2月9日 15:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均の前引けは1万6085円44銭(918円86銭安)、TOPIXは1304.33ポイント(76.07ポイント安)、出来高概算(東証1部)は27億3414万株。

日経平均の前引けは1万6085円44銭(918円86銭安)、TOPIXは1304.33ポイント(76.07ポイント安)、出来高概算(東証1部)は27億3414万株。[写真拡大]

写真の拡大

◆日経平均の前引けは1万6085円44銭(918円86銭安)、TOPIXは1304.33ポイント(76.07ポイント安)、出来高概算(東証1部)は27億3414万株

 9日後場の東京株式市場は、円相場が1ドル114円台前半に入り、昨日夕方の117円台からは急騰のため見送り気分が強まり、日経平均は前引けの836円09銭安(1万6168円21銭)に続き株価指数の先物主導型で下値を探る展開になった。14時過ぎには978円36銭安(1万6025円94銭)まで下押す場面があり、1月21日につけた昨年来の安値1万6017円26銭に迫った。主な株価指数はすべて安い。

 四半期決算が好調だった東急建設<1720>(東1)やスノーピーク<7816>(東1)、岩谷産業<8088>(東1)などは日経平均が一段安にもかかわらず堅調持続。13時に四半期決算を発表した清水建設<1803>(東1)は大きく回復し、14時に発表したニチバン<4218>(東1)も持ち直した。アスカネット<2438>(東マ)は空中結像技術に関する特許発表が好感されて一時ストップ高。MRT<6034>(東マ)もスマートフォンによる遠隔診療システムなどの期待材料が好感されて続伸。

 東証1部の出来高概算は27億3414万株(前引けは14億3528万株)、売買代金は2兆5912億円(同1兆3260億円)。1部上場1937銘柄のうち、値上がり銘柄数は2%にとどまる30銘柄(同38銘柄)、値下がり銘柄数は98%に当たる1898銘柄(同1878銘柄)。

 また、東証33業種別指数は前引けに続き全33業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種は、食料品、陸運、空運、電力・ガス、水産・農林、建設、医薬品、小売り、サービス、などとなった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【どう見るこの銘柄】トヨタ自動車(2016/02/02)
【材料でみる株価】ジェイテック急伸、インバウンド関連の特許でストップ高、利益も大幅増益、上値大きそう(2016/02/04)
【話題株】「小顔にみえマスク」のユニ・チャームは花粉症の季節が迫り5日続伸(2016/02/02)
アクモスが黒字転換を好感しストップ高となり「ドローン」人気も再燃(2016/02/03)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース