【株式市場】円高など受け日経平均は大幅続落だが材料株など強く資源株も高い

2016年2月5日 11:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均の前引けは1万6791円56銭(253円43銭安)、TOPIXは1363.57ポイント(25.24ポイント安)、出来高概算(東証1部)はは15億7187万株。

日経平均の前引けは1万6791円56銭(253円43銭安)、TOPIXは1363.57ポイント(25.24ポイント安)、出来高概算(東証1部)はは15億7187万株。[写真拡大]

写真の拡大

◆日経平均の前引けは1万6791円56銭(253円43銭安)、TOPIXは1363.57ポイント(25.24ポイント安)、出来高概算(東証1部)はは15億7187万株

 5日前場の東京株式市場は、米国の再利上げの時期が先延ばしになるとの見方などを受けてドル売り円高基調が続いたため、ホンダ<7267>(東1)や富士重工業<7270>(東1)が年初からの下げ相場の安値を更新など、下げの厳しい銘柄が目立つ展開になった。日経平均は朝方に315円48銭安(1万6729円51銭)まで下げ、その後も下げ幅200円台のまま戻りが鈍く、前引けは253円43銭安(1万6791円56銭)。主な株価指数はすべて安い。

 ただ、原油相場の底堅さや「マイナス金利」による貴金属への資金シフト観測などから資源株が強く、JXホールディングス<5020>(東1)や住友金属鉱山<5713>(東1)は続伸基調。シャープ<6753>(東1)は台湾・鴻海精密工業の支援など再建の具体化に期待が強まり大幅続伸。クリナップ<7955>(東1)は第3四半期決算などが好感されて急反発となり、DDS<3782>(東マ)は最新の指紋認証ユニット製品の発表などが言われて急伸。ジェイテック<2479>(JQG)は連日、多言語対応注文支援システムの特許が材料視されて大幅続伸。

 東証1部の出来高概算は15億7187万株、売買代金は1兆2752億円。1部上場1937銘柄のうち、値上がり銘柄数は304銘柄、値下がり銘柄数は1544銘柄となっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を2月17日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!(2016/01/30)
【どう見るこの株】CYBERDYNEの行方(2016/02/01)
【狙い場・買い場】日本電技は今3月期配当を中間5円に対し期末41円の合計46円へ、株価底打ち反転(2016/02/01)
【狙い場・買い場】キリン堂は好業績に比べ株価下げすぎ、2月期配当年25円(期末12.5円)の権利付(2016/02/01)
人も株も一定期間経つとマンネリとなる=犬丸正寛の相場格言(2016/01/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース