2016年1月29日 12:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の前引けは1万6953円09銭(88円36銭安)、TOPIXは1389.60ポイント(2.50ポイント安)、出来高概算(東証1部)は10億596万株

 29日前場の東京株式市場は、NY株高や円安などの外部要因は追い風になったが、昨日四半期決算を発表したファナック<6954>(東1)、富士電機<6504>(東1)などの下げが目立ち、日経平均は10時30分にかけて144円30銭安(1万6897円15銭)まで下げる場面があった。ただ、日銀・金融政策決定会合の結果が通例なら昼頃に伝えられるため期待感はあり、前引けは88円36銭安(1万6953円09銭)となった。主な株価指数の中では東証2部指数が高い。

 昨日第3四半期決算を発表した銘柄の中ではオリエンタルランド<4661>(東1)や日立金属<5486>(東1)、ドリコム<3793>(東マ)などが高く、このところ物色人気が強いゲーム株はエクストリーム<6033>(東マ)がストップ高など一段と活発化。構造計画研究所<4748>(JQS)は総務相による通信速度100倍を目指す検討などが材料とされてストップ高。

 東証1部の出来高概算は10億596万株、売買代金は1兆1408億円。1部上場1935銘柄のうち、値上がり銘柄数は927銘柄、値下がり銘柄数は859銘柄となっている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【アクセスランキングで読む株式投資】日間・週間・月間の人気記事は?(2016/01/01)
【狙い場・買い場】キリン堂は4ケタ割れで利益下振れ懸念織り込む、仮に下振れてもなお大幅増益(2016/01/25)
ダレルを買うが投資の極意=犬丸正寛の相場格言(2016/01/23)
【小倉正男の経済羅針盤】アメリカの利上げと円高(2016/01/25)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース