2016年1月26日 15:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は1万6708円90銭(402円01銭安)、TOPIXは1360.23ポイント(32.40ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億5729万株

 26日後場の東京株式市場は、円相場がドルに対して一時117円台に入る円高基調となり、ソニー<6758>(東1)やファナック<6954>(東1)などが前場の安値を下回ったあともジリ安商状を続けた。材料株には活況高の銘柄が少なくなかったが、日経平均は大引けにかけて前場の安値を下回り、一時458円65銭安(1万6652円26銭)まで下押して3日ぶりの反落となった。主な株価指数はすべて安い。

 さくらインターネット<3778>(東1)が「高火力コンピューティング」の発表などを材料に後場寄り後一段高のストップ高となり、阿波製紙<3896>(東2)は引き続き炭素繊維強化プラスチックに関する報道などが材料視されて2日連続ストップ高。インフォテリア<3853>(東マ)はフィンテック関連株人気に加え同社製品を大学が採用との発表も好感されてストップ高。シンワアートオークション<2437>(JQS)は引き続き子会社が香港企業を買収との発表などが言われて急伸。一方、ニトリホールディングス<9843>(東1)は13時前に社長交代報道があり一時下げ幅が広がる場面があり発表後に持ち直した。

 東証1部の出来高概算は21億5729万株(前引けは10億5427万株)、売買代金は2兆1124億円(同9320億円)。1部上場1935銘柄のうち、値上がり銘柄数は148(同311)銘柄、値下がり銘柄数は1759(同1557)銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が下げ(前引けはで「水産・農林」1業種のみ値上がり)、値下がり率の小さい業種を見ると医薬品、水産・農林、空運、サービス、陸運、食料品、建設、精密機器、ガラス・土石、不動産、などとなった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題】『野も山も皆、弱気なら・・・』が接近か?(2016/01/13)
【今日の言葉】日経平均が昨年の中国ショック安値を切る(2016/01/18)
昨年夏安値までNYダウ700ドルに対し日経平均43円、この違いが今後の相場を分ける=犬丸正寛の相場展望(2016/01/15)
【話題】日経平均予想PER14倍台が10営業日継続、アベノミクス第1章終了のサインか(2016/01/21)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連する記事

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース