【銘柄フラッシュ】リアルワールドなど急伸し北朝鮮リスクの石川製作所も高い

2016年1月8日 16:56

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 8日は、中国当局が「サーキットブレーカー」の制度を中止すると伝えられ、中国株式は前後場とも反発して推移。半面、前場は小動きだった防衛関連株の石川製作所<6208>(東1)が13時過ぎから再び強張り5.2%高と動意を強め、「ゴエモンさんが動いている間はジッとしているしかない」と北朝鮮を巡る地政学的リスクを警戒する様子があった。

 引き続き「フィンテック」(金融とITの融合)関連株の物色が旺盛で、さくらインターネット<3778>(東1)とインフォテリア<3853>(東マ)は「ブロックチェーン」の実証実験プラットフォームを展開との発表が好感されてインフォテリアが朝方からストップ高の16.8%高。さくらインターネットは後場ストップ高まで上げて25.9%高。リアルワールド<3691>(東マ)は仮想通貨ビットコイン取引のビットフライヤー(bitFlyer)との提携などでフィンテック関連とされ23.3%ストップ高。

 エスケイジャパン<7608>(東1)はコマンドエヌ(京都府)による買い付け後の思惑・憶測が再燃とされて10.9%高と出直りを強め、星光PMC<4963>(東1)は「新機能材料展2016」(1月27~29日)への出展などが言われて7.9%高となり高値を更新。関東電化工業<4047>(東1)は韓国自動車メーカーのハイブリッド車本格化報道を受けてリチウムイオン電池に再び注目とされて10.1%高。

 DNAチップ研究所<2397>(東2)はうつ病遺伝子研究に関する発表などが言われて20.0%ストップ高。データセクション<3905>(東マ)は人工知能による新サービスなどが好感されて一時ストップ高の17.9%高となり大引けも17.4%高。リプロセル<4978>(JQS)はゴールドマン・サックス証券が買い推奨とされて11時過ぎからストップ高の21.7%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【話題】ブロードメディアが「Gクロス」実現し1年半前の急騰を想起(2015/12/12)
【編集長の視点】師走のポストFOMC相場は12月期決算会社の高配当銘柄・増配銘柄で和戦両建て投資に一考余地(2015/12/14)
【Newsで一枚】アスカネットの福田幸雄社長(2015/12/15)
【忠田公夫の経済&マーケット展望】ドル円が11月18日につけた123円75銭前後をブレイクできるかがポイント(2015/12/07)
【編集長の視点】ラクト・ジャパンは配当権利落ち後安値水準から反発、今期業績への期待を高めて割安修正(2015/12/08)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース