UPQの4Kディスプレイ、背面のUSBポートにUSBメモリを差すと遅延がなくなる

2015年11月30日 17:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 7万5000円(税抜)の50インチ4K/60pディスプレイとして以前話題になったUPQの液晶ディスプレイ「Q-display 4K50」では、遅延が大きく使いにくい、という話があった。しかし、背面のUSBポートにUSBメモリを差すだけで遅延がなくなるという話が報告されたようだ(理想チャンネル)。

 元々は170ミリ秒あった遅延が、10~30ミリ秒にまで減っているという報告もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ハードウェアハック | モニター

 関連ストーリー:
小型のカメラ用電動スタビライザー市場が開けつつある 2015年11月16日
UPQのスマートフォン「UPQ Phone A01」、技適未取得で全品回収 2015年09月26日
新たな家電メーカー「UPQ」立ち上げ、Androidスマホや廉価な4Kモニタを発表 2015年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連する記事

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース