Norton Antivirus、Microsoft Edgeを使わないようユーザーに促す

2015年7月27日 14:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Windows 10は新しいWebブラウザー「Microsoft Edge」を搭載するが、Norton Antivirusではユーザーに他のブラウザーを使用するよう促しているそうだ(WinBetaDigital TrendsNeowin)。

 Norton Antivirusではブラウザーの拡張機能を使用して危険なWebサイトをフィルターし、ユーザーを保護する。しかし、現在のEdgeでは拡張機能がサポートされていないので、十分な保護機能が提供できないのだという。そのため、Edgeがデフォルトブラウザーに設定されている場合、拡張機能をサポートするブラウザーをデフォルトに設定するよう警告が表示されるとのこと。

 EdgeではChromeやFirefoxの拡張機能を移植して利用できるようになることが発表されている。ただし、Windows 10のリリース時点では拡張機能が利用できず、拡張機能サポートの追加は今秋になる見込みとのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | インターネット | IT

 関連ストーリー:
あおぞら銀行、ネットバンキング利用者にWindows 10へのアップグレードを控えるようアナウンス 2015年07月27日
Firefoxで一時的にFlash Playerプラグインの全バージョンが無効になる 2015年07月16日
Microsoft、Silverlightの使用中止を推奨 2015年07月05日
Spartan、正式名称は「Edge」に 2015年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連する記事

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース