中国銀行、ネットバンキングで「電話ワンタイムパスワード」を導入

2015年7月25日 16:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国銀行が個人向けインターネットバンキングにおいて、電話でワンタイムパスワードを通知する仕組みを提供するとのこと(中国銀行の発表IBMの発表)。

 IBMによると「国内の金融機関では初の対応」だそうだ。パソコンでの「新規先へのお振込み(都度振込み)」が対象で、振り込み実施前に登録している電話番号宛に自動音声でワンタイムパスワードを通知する、というもの。なお、同時に「新規先へのお振込み(都度振込み)」の取扱時間が6時~23時のみになることも発表されている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
三菱東京UFJ銀行、ネットバンキングで乱数表を廃止。ワンタイムパスワード必須に 2015年06月22日
MMORPG「ドラゴンクエストX」、RMT対策が困難としてYahoo! IDでのログインを終了へ 2015年04月07日
みずほ銀行、邦銀初となる「トランザクション認証」を導入 2015年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース