【銘柄フラッシュ】関門海やイマジニアが急伸しダイキン工業も高い

2015年5月18日 16:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 18日は、前週末に発表した決算と今期予想などが好感されてワイエイシイ <6298> が20.9%ストップ高となり東証1部の値上がり率トップ。同じくイチカワ <3513> は15.5%高となり2位、株式分割も発表したオープンハウス <3288> は15.2%高となり3位となった。

 ダイキン工業 <6367> は2.8%高の高値更新となり、円相場が対ユーロで4カ月ぶりの安値と伝えられたほか、UBS証券が目標株価を9300円から1万200円に引き上げたと伝えられ2日ぶりに高値を更新。関門海 <3372> (東マ)は前週末に発表した今期予想などが好感されて31.1%ストップ高、タイセイ <3359> (東マ)も前週末に発表した決算などが好感されて18.1%ストップ高、ラクーン <3031> (東マ)は電子商取引サイトの海外展開の開始などが好感されて15.9%ストップ高。

 イマジニア <4644> (JQS)も前週末に発表した今期予想などが好感されて24.8%ストップ高となり、プロルート丸光 <8256> (JQS)は「丸屋免税店」6月オープンと伝えられ22.3%高となり2日ぶりに高値を更新、ぱど <4833> (JQS)も前週末に発表した今期予想などが好感されて11.4%高。カルナバイオサイエンス <4572> (JQG)は2日ぶりに高値更新の17.7%高となり、国立がんセンターとの新薬開発契約の延長などが引き続き材料視された。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
物語コーポの赤坂『熟成焼肉 肉源』、繁華街型店舗展開の旗艦店に、ワイン片手に焼肉(2015/04/23)
【季節の一枚】京都府和束の春(2015/05/05)
【狙い場・買い場】キムラユニティーの今3月期31%増益、指標割安が顕著、高値更新期待(2015/05/07)
【宮田修 アナウンサー神主のため息】衛星放送はテレビの良さの原点(2015/05/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告