4件のクレジットカードの利用情報があれば、90%の個人は特定できるという研究結果

2015年2月2日 17:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 マサチューセッツ工科大学の研究者らがクレジットカード記録3ヶ月分のデータを分析したところ、4件のクレジットカードの利用履歴から90%の個人を一意に特定できたという(AFPScience誌掲載論文)。

 さらに、購入した物の価格が判明すると識別の可能性は上がり、また買い物をした店の名前や詳細な時刻などの情報がなくても、データ数が増えれば識別の可能性は増えるという。さらに、所得の高い人ほど身元を特定されやすいという結果も得られたそうだ。

 スラッシュドットのコメントを読む | YROセクション | YRO | プライバシ

 関連ストーリー:
ヤフーがプライバシポリシを改訂、Tカードの購買履歴とヤフーの収集したWeb閲覧履歴の共有へ 2014年05月22日
ドコモ、基地局接続情報を販売へ 2013年09月09日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース