大阪地裁、検察が無断でGPSを被疑者や関係者の車などに付ける行為は適法との判断を下す

2015年1月30日 11:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 大阪地方裁判所の長井秀典裁判長が、「検察が捜査のためGPSを無断で車に取り付ける行為は適法」との判断を出したそうだ(北海道大学大学院法学研究科・町村泰貴教授のブログ)。

 被告の弁護士などは「捜査過程で被告や関係者の自動車などにGPS端末を付けて監視を行ったのはプライバシーの侵害である」と主張していたが、検察側は「尾行と同じ任意捜査の範囲」と主張、これが認められた形になる。

 なお、「使用されたGPS端末は24時間常時位置情報を記録するものではない」「数百メートル程度の誤差が生じる」ことからプライバシー侵害ではないとの判断になったようだ。

 スラッシュドットのコメントを読む | YROセクション | 日本 | 法廷 | プライバシ

 関連ストーリー:
アイドルグループへのプレゼントにGPS発信器が仕込まれる 2014年07月25日
Ford重役、車載GPSによりユーザーの行動を把握していると発言 2014年01月13日
パトカーからGPS弾を発射して逃走車に貼付けるシステム「Starchase」 2013年10月30日
イギリスでは何千台ものGPS妨害装置が使われている 2013年02月19日
GPS 追跡機能のバグでスマートフォン泥棒の濡れ衣をかぶせられる 2013年01月18日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース