スマホでアダルトサイトを見るとブラウザを閉じさせなくするワンクリック詐欺登場

2015年1月15日 11:58

小

中

大

印刷

登録に関する詳細情報が記載されているポップアップウィンドウ。[OK]をタップしてウィンドウを閉じようとすると、別のポップアップウィンドウが表示され、指定の番号に電話をかけるように求められる(シマンテックの発表資料より)

登録に関する詳細情報が記載されているポップアップウィンドウ。[OK]をタップしてウィンドウを閉じようとすると、別のポップアップウィンドウが表示され、指定の番号に電話をかけるように求められる(シマンテックの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 電話をかけるように求めるポップアップウィンドウ。このポップアップウィンドウを閉じようとすると、最初の登録ウィンドウが再び表示される。2 つのウィンドウが交互に表示され続けて、事実上、このWebサイトによってブラウザが人質に取られた状態になる(シマンテックの発表資料より)

 シマンテックは13日、スマートフォンのブラウザを閉じさせなくするように進化したワンクリック詐欺に関する注意喚起を行った。

 今までは、動画を視聴しようとしたユーザーが1、2 回クリックすると、不当にサイトに登録されてしまうが、多くの場合、Webページを閉じると、閉じた時点で詐欺の試みは失敗に終わり、詐欺に遭う危険はなかった。

 ところが、最近登場した新しい手口では、サイトに登録されたというページが表示され、続いて表示されるポップアップウィンドウには、会員 ID、料金(99,800円)、カスタマセンターの電話番号などの登録に関する詳細情報が記載される。タップしてウィンドウを閉じようとすると、別のポップアップウィンドウが表示され、指定の番号に電話をかけるように求められる。

 このポップアップウィンドウを閉じようとすると、最初の登録ウィンドウが再び表示され、2つのウィンドウが交互に表示され続けて、ブラウザで詐欺サイトを閉じることも、他のWebサイトにアクセスするために新しいタブを開くこともできなくなる。

 スマートフォン自体とブラウザ以外のアプリは使用できるが、ブラウザは使用できなくなる。そのため、やむをえずアダルト動画サイトのカスタマセンターに電話をかけてしまうと、1年間の登録料99,800円を支払うことになる可能性が高くなる。

 対策はブラウザのキャッシュやデータを消去することで、この悪意のあるサイトやポップアップウィンドウをブラウザから削除できる。操作手順は、使用しているOSやブラウザアプリによって異なり、使用環境に合わせて対応する必要があるものの対策は可能。

 同社は、動画サイトのカスタマセンターには、絶対に電話をかけないように注意喚起している。(阪木朱玲)

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース