バター不足慢性化の不安 根本的解消には酪農業への対策が不可欠

2014年12月6日 20:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

バター不足解消のために政府は緊急輸入措置で外国から1万トンを仕入れたが、クリスマスシーズンを前に品薄状態は改善していない。メーカーや洋菓子店ではバター不足が慢性化するのではないかという不安が広がっている。

バター不足解消のために政府は緊急輸入措置で外国から1万トンを仕入れたが、クリスマスシーズンを前に品薄状態は改善していない。メーカーや洋菓子店ではバター不足が慢性化するのではないかという不安が広がっている。[写真拡大]

写真の拡大

 クリスマスシーズンに入り、洋菓子類の販売が伸びる中、バター不足が深刻化している。スーパーなどではすでに品薄状態で、「お一人様一点限り」と制限を設けるも、入荷するとすぐに売り切れてしまう状態だ。特に大量のバターを使う洋菓子店では、十分な量のバターを確保することが難しくなってきており、営業に差支える可能性が広がってきた。

 もともと保存がきかない生乳は、賞味期限が短い牛乳や生クリームから優先的に使用され、残りをバターや脱脂粉乳など賞味期限が長い加工品に回している。生乳の生産過多となった場合には保存のきくバターを多く作り、在庫として保管。生乳が不足したときに在庫を放出することで、乳製品全体の安定供給を図っている。

 しかし近年、酪農家の廃業が相次いでおり、国内で飼育している乳牛頭数が減っている。生乳の生産量減少により、バターの在庫が減少し、それにくわえて2013年には猛暑で乳牛の多くが乳房炎にかかったことで、生乳不足が顕著となってしまった。これに対し、政府はバター不足解消のために外国から緊急輸入することを決定。5月に7,000トン、9月に3,000トンの輸入を実施しているが、店頭でのバター不足は解消していないのが現状だ。

 政府は乳業メーカーに緊急輸入によって仕入れたバターをすでに売り渡しているが、メーカーはこの先もバター不足が続くとみて、出荷制限の解除には慎重になっている。政府は本年度末のバター在庫量を前年度比119.1%まで増加して安定供給を図っているが、根本的な対策が実施されていないうちは、バター不足慢性化への懸念が先だってしまうだろう。

 農林水産省が発表する「畜産統計」によると、14年2月1日時点での乳牛を飼育する酪農家戸数は1万8,600戸で前年比マイナス4.1%となった。円安による飼料費の値上げなど経営環境は厳しく、赤字を抱えてしまうケースは珍しくない。過去10年間では約1万戸が離農している状況だ。乳用牛の飼養頭数は139万5,000頭で、前年比マイナス2%となっている。緊急輸入措置はあくまで一時のつなぎにしかならない。国内の酪農事情を精査し、対策をたてることが急務だろう。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
止まらない食品値上げ。次は日水、日清食品冷凍
なおも食品値上げ続く。次はカレールウなど
テーブルマークが冷凍食品の値上げを発表
消費税の引き上げを国民の無駄骨にしないために政府がすべきこと
アイスの値上げ相次ぐ。森永乳業も値上げを発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連する記事

「農林水産」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース