NTT、電車通過中のガード下でも音声通話や音声認識できるマイク技術を開発

2014年9月29日 15:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 NTTが100dBという高い騒音レベル下でも高品質な通話や音声認識ができる「小型インテリジェントマイク」を開発したそうだ。100dBという騒音レベルは場内や電車通過中のガード下に匹敵するそう。こうした環境でも明瞭な通話や音声認識ができるようになるという(ASCII.jp)。

 複数のマイクからの音響信号を処理することで指向性を持たせるビームフォーミング、目的の周波数帯以外を低減するスペクトルフィルタ処理などを使用することにより、目的となる音を劣化させることなく周辺雑音を1000分の1まで低減できるそうだ。ソフトウェアライブラリ「インテリジェント マイクライブラリ(仮称)」として2014年10月から販売するとしている。

 スラッシュドットのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
PCのスピーカーとマイクを使って音声でデータをやり取りする 2014年03月18日
ドコモ、音波でアプリにチェックインできる「Air Stamp」をオープン化 2014年03月07日
喉に貼るマイク「電子スキンタトゥー」の特許が申請される 2013年11月12日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース