米大学でBitcoinなどの暗号通貨の活用が進む

2014年9月5日 16:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本では(/.jpでは)相変わらず盛り上がりに欠けるビットコインだが、このたび米国デューク大学およびニューヨーク大学で、ビットコインや暗号通貨についての講義が開設されることになった(CoinDesk)。

 また、MITでもこの夏、ビットコインを使った企画のコンテストが行われ、先日その最優秀者が発表された。同大学では、この秋には全在学生に100ドル分のビットコインを配布して自由に使ってもらうという試み「MIT Bitcoin Project」も行われるという。

 またすでにカンブリア大学やニコシア大学など、ビットコインで学費を納入できる大学も登場している。こうした大学の動きは、ビットコインを始めとする暗号通貨にどのような影響を与えていくのだろうか。

 スラッシュドットのコメントを読む | セキュリティセクション | 暗号 | お金

 関連ストーリー:
Apache Software Foundation、BitCoinでの寄付受付を開始 2014年09月04日
ニューヨーク州、ビットコイン取引所に免許制導入へ 2014年07月23日
Dell.com、ビットコインでの支払いに対応 2014年07月22日
日本国内でのビットコイン普及は進むのか 2014年07月16日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース