豊田通商、ケニアで海水淡水化による水供給 事業調査で政府と覚書

2013年12月12日 11:10

小

中

大

印刷

 豊田通商は12日、ケニアのモンバサ地区の海水淡水化による水供給事業の事業化調査に関する覚書を州政府と締結したと発表した。操業開始は2017年で、給水能力は1日あたり10万立方メートルとなる見込み。

 豊田通商は、2012年8月15日に、ケニア政府の国家ビジョンである「VISION 2030」の実現に向け、ケニアと相互協力による包括的な覚書を締結した。今回の水供給事業は、同VISION実現に向けた事業推進の一環として取り組むものという。

 モンバサは、ケニアの首都ナイロビからは約450km南東に位置するケニア唯一の国際貿易港。現在ケニアでは、電力不足や浄水施設の能力不足などの理由により安全な水が不足しており、水資源の安定的な確保が急務となっている。

 豊田通商は、ケニアを重点国として位置付けており、今後も同国の発展に寄与するよう幅広く取り組んでいくとしている。

関連する記事

「電気・ガス・水道業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース