2012年11月29日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラッシュドット・ジャパン

スポンサードリンク

taraiok 曰く、 Intelが2014年に投入予定の新CPU「Broadwell」ではプロセスルールが変更されるだけでなく、LGAパッケージが廃止され、BGAパッケージのみで提供されるという。これによりCPU用のソケットがなくなり、CPUだけを交換することができなくなる模様(semiAccuratePC Watch本家/.)。

 メーカー製PCではマザーボード直付けのBGAパッケージだけになっても影響は少ないが、自作PC用にマザーボードを提供しているASUSTeKやGigabyte、MSI、ASRockなどはCPU込みで在庫管理する必要があり、ビジネス上のリスクは高まると見られている。semiAccurate誌では、Broadwellの後継CPUとされているSkyLakeではソケット付き仕様に戻る可能性はあるが、この2世代程度で廃止されることになるのではないかととしている。

 スラッシュドットのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
Intel、60基のx86コアを搭載する「Xeon Phi」を発表 2012年11月15日
MacのCPUがApple製のものになる可能性 2012年11月07日
AMD、ARMベースのOpteronを投入へ 2012年10月31日
AMD CPUが不振のためにIntel CPUは値下げされない? 2012年10月05日

 

※この記事はスラッシュドット・ジャパンから提供を受けて配信しています。

関連記事

by weblio


「PC・ハードウェア」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告