ドコモとオムロンヘルスケアが新会社「ドコモ・ヘルスケア」を設立

2012年7月2日 17:42

小

中

大

印刷

 NTTドコモとオムロンヘルスケアは2日、両社の経営資源を活用し、健康支援サービスの企画・開発・提供を行う新会社「ドコモ・ヘルスケア株式会社」を本日設立したと発表した。今後、新会社は、ドコモユーザーにとどまらず幅広い顧客に対して、健康に関するデータを生涯にわたり一元管理し、ライフステージやライフスタイルにあった健康支援サービスを幅広く提供していく。

 新会社は、スマートフォンとオムロンヘルスケアの健康機器(体重体組成計・血圧計・睡眠計等)を連携させることで、機器で測定した健康データ(体重・体脂肪率・睡眠時間等)を簡易にクラウド上に蓄積・管理できる環境を整える。また、健康関連コンテンツを保有する企業やコンテンツプロバイダーと連携を図り、顧客のライフステージやライフスタイルにあった幅広いサービスの展開を図っていく。

 新会社は、2012年度内にドコモ提供の健康サービス「i Bodymo」・「docomo Healthcare」とオムロンヘルスケア提供の機器測定データ連携サービス「WellnessLINK」を融合し、新たな健康支援サービスを提供する予定。

「IT・情報通信業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース