2012年2月15日 15:10

小

中

大

印刷

 韓国の大手自動車メーカー起亜自動車が13日、上半期発売予定の大型セダン新車「KH(プロジェクト名)」のイメージを公開した。

 「KH」は革新的なデザインと最先端スペックを誇る後輪駆動の大型セダンで、「K9」という仮称で発売前から最高の期待作と注目されている。

 デザインコンセプトは未来指向型で、洗練された若い世代の感性に合わせてデザインしたという。

 車体前面部には起亜車のファミリールックを適用し、大型セダンのカリスマ性を強調したラジエーターグリル、光と面の調和を革新的・挑戦的イメージで表現したヘッドライト、ボリューム感を活かした独特のボンネットなど、ラグジュアリーカーとして大胆で堂々としたデザインを完成させた。

 側面部は洗練された美しさと強靭なパワーを表現するため、シンプルなサイドキャラクターラインと豊かなボリューム感を強調した。

 また、スリムながらハイテク感を活かしたリアコンビネーションランプ、高級感を強調したクロムガーニッシュで革新的な後面部を披露した。

 起亜自動車の関係者は、「KHはデザイン、性能、新技術など起亜車のすべての力が集約された新コンセプトの後輪駆動大型セダンで、起亜車のデザイン力を最高に発揮した起亜の新しいフラッグシップ(最上級モデル)車だ」と伝えた。

 起亜自動車は最近、ソウル論峴洞にある江南永東支店を高級販売店として新装し、KHが発売開始となればこちらに展示される予定だ。(翻訳:中川)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

by weblio


「自動車・二輪車」の写真ニュース

自動車・二輪車の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース