金融庁の「フォレンジック」システム導入を受けてフォレンジック関連銘柄に注目

2012年1月29日 11:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■フォレンジック関連銘柄としては、フォーカスシステムズ、UBICの2銘柄

  29日の日経新聞によると、2010年に経営破たんした日本振興銀行が破たん前に意図的に電子メールを削除し、検査を妨害した例もあることから、金融庁では、情報隠しの検査を強化するために、電子記録のデータを解析し、関係あるデータのみを取り出すことが出来る「フォレンジック」システムを年内に導入することを決定した。

  フォレンジック関連銘柄としては、フォーカスシステムズ <4662> (JQS)、UBIC <2158> (東マ)の2銘柄がある。

  フォーカスシステムズは、今期より新社長に就任した森啓一氏が、今後の方針として、「海外ベンダーとの連携を強化しつつ国内No.1のフォレンジックベンダーを目指す」と宣言している。同社は、日本国内のフォレンジック業界において官公庁に強い顧客基盤を持つ企業であり、コンピュータの調査解析とEnCaseForensicソフトウェアの熟練の専門家として、業界の最先端のサービスを提供できる企業。昨年7月には米国のガイダンスソフトウェア社との正規販売代理店契約を結び、世界の最先端のフォレンジック機器、ソフトを日本に導入している。

  UBICは、電子記録のデータを解析し、関係のあるデータのみを取り出すフォレンジックの技術では国内トップで、国際訴訟で必要不可欠な電子証拠開示支援システム「Lit i View」というソフトを開発している。このソフトを開発したことにより、電子証拠開示のスピード化が実現。昨年2月4日から大相撲の八百長疑惑が携帯電話に残されていた問題を受けて、消去されたメールでも復元する技術を持っているため連想買いで出来高が膨らんだ。その後、2月10日に発表された第3四半期の業績が大幅増収増益であったことから、株価も急騰した。今期も第3四半期発表を控え、先回りの買いが予想される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【配当取り特集(1月決算)】東証全銘柄ベースの平均配当利回りは2.2%(2012/01/15)
【特集:2012年を読む】「SNS関連」銘柄の動向~スマートフォン対応にシフト(2012/01/02)
犬丸正寛の相場格言~データでは説明できない先人の知恵をもとに株式投資で大成功~(2011/08/10)
株式評論家・浅妻昭治のマーケットセンサー(銘柄発掘の王道を伝授・注目株厳選)メルマガがスタート!登録受付中(2011/06/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「分析・コラム」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース