水没 F2 の修理費、調達価格を上回る

2011年9月18日 16:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 東日本大震災の津波で水没した自衛隊松島基地のF2戦闘機6機の修理費用は合計で約800億円となり、調達時の価格を上回るとのこと(asahi.comの記事YOMIURI ONLINEの記事)。

以前のストーリーにもあるように、防衛省は修理の可能性を調べるため、136億円かけて水没したF2戦闘機18機を分解検査した。その結果、6機は修理して継続使用する方針を固めていた。破損のひどい12機は修理不能として処分するが、使用できる部品は取り外して再利用するという。

修理費用は1機あたり130億円程度となり、調達時価格(120億円)よりも高くなる。F2はパイロット育成に必要だが、今年度中に生産終了予定で新規調達ができないため、6機を修理する方針になったということだ。

 スラッシュドットのコメントを読む | 軍事 | mainpage | 地震

 関連ストーリー:
津波で水没した F2 戦闘機、136 億円をかけて調査へ 2011年04月25日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース