2011年8月30日 18:53

小

中

大

印刷

 イ・ヒョンミン監督のドラマ「悪い男」が9月4日より「赤と黒」というタイトルでNHKを通じて放送される予定だ。強烈な映像と大胆な構成を誇るこのドラマは異例の編成を経て放送されるという。

 NHK側は編成により拡張を図るため「悪い男」を試写したが、イ・ヒョンミン監督の演出力に対し感嘆の声を上げたという。ドラマは、9月4日からの約2週間、月~木に1日2時間ずつ放送される予定で全17話構成。

 時間帯は一番視聴率の高い22時から24時までとなっており、これは以前韓国ドラマが視聴率の低い深夜の時間に放送されていたのに対して、今回は最高の待遇を受けたと言えそうだ。また、韓国で放送されたときはちょうど2010年ワールドカップのときで、5回連続放送できなかったという過去があった。しかしNHKにその作品性が認められて再び放送されることになった本ドラマは日本の視聴者の心を掴むだろう。

 9月の放送ではキム・ナムギル、ハン・ガイン、オ・ヨンスなど出演俳優の声をそのまま生かした字幕放送を行い、10月の放送では日本語吹き替えになるという。吹き替え版は2カ国語字幕も出るといい、アジア市場での跳躍が期待される。

 3月に香港で開かれた「アジアレインボーTVアワード」で最高監督賞を受賞した「悪い男」は、NHKという羽をつけて更に力強くアジア市場に飛び立つであろうことが予想される。また過去に「サンドゥ、学校へ行こう」「雪の女王」「ごめん、愛してる」で韓流ブームを巻き起こしたRain(ピ)やヒョンビン、ソ・ジソプなどの韓流スターを輩出してきたイ・ヒョンミン監督が「悪い男」を通してキム・ナムギルを韓流スターに押し上げることができるかどうかも注目されるところだ。

 2010年5月から8月までSBSで放送された「悪い男」は、致命的な魅力と並はずれた頭脳で復讐を成し遂げようとする一人の男の欲望を描いた作品で、キム・ナムギル、ハン・ガイン、オ・ヨンスなど最高の俳優らとイ・ヒョンミンPDの繊細な演出力の組み合わせで高い完成度を誇り、好評を得ていた。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

by weblio


「韓流ドラマ」の写真ニュース

韓流の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

hanryustars

いいね!

twitter

@zaikei_hanryu

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース