夢の街創造委員会:オーダー数、加盟店舗数、会員数、ともに過去最高を達成

2010年10月11日 17:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前10年8月期の営業利益は35.4%増と大幅増益

  出前サイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会 <2484> は、8日に前10年8月期業績を発表した。

  売上高11億5700万円(09年8月期比7.8%増)、営業利益2億3300万円(同35.4%増)、経常利益2億3900万円(同5.0%増)、純利益1億2200万円(同4.1%減)と増収で、営業利益は大幅増益を達成したものの、経常利益は5%の増益にとどまり、最終利益は減益となった。

  主力の「出前館事業」において、新規加盟店の開発及び新規会員の獲得に注力するとともに、Tポイントの付与と還元サービスやキャンペーン等の開始、加盟店へのコンサルテーションの実施によりオーダー数の増加に注力した。また、急速な市場拡大が予測されるネットスーパー市場へ6月より本格参入。これらの施策の実施により、オーダー数、加盟店舗数、会員数、ともに過去最高水準を達成した。

■自己資本比率は93.9%であり、財務体質は健全そのもの

  増収効果により、営業利益は大幅増益となったが、経常利益は営業外収益が09年8月期に比較して5000万円減少したことから増益幅が減少した。最終利益は特別損失としてソフトウェア臨時償却費、システム障害対応費約8000万円を計上したことから減益となった。

  貸借対照表を見ると総資産21億2000万円、純資産20億200万円で、自己資本比率は93.9%と財務体質は健全そのもの。09年8月期と比較すると6.3ポイントと大幅に改善している。

  今11年8月期業績予想は、売上高12億8600万円(前期比11.1%増)、営業利益2億7500万円(同17.7%増)、経常利益2億7700万円(同15.8%増)、純利益1億5700万円(同27.7%増)と2ケタ増収増益を見込む。

  同日に中期経営計画を発表している。3年後の2013年には、売上高20億円、営業利益6億円を計画している。

  8日の株価は前日比1250円高の3万4300円。チャートを見ると最安値圏で推移している。好業績であり、今期も2ケタ増収増益を見込んでいることから前期とは一変した右肩上がりのトレンドを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
増産売りの減産買い=犬丸正寛の相場格言(2010/10/05)
十を聞くはアホウ、三つくらいがちょうど良い=犬丸正寛の相場格言(2010/10/04)
関西の空買い、関東の空売り=犬丸正寛の相場格言(2010/10/01)
相場は空腹と満腹の間で動く=犬丸正寛の相場格言(2010/09/30)
人も相場も好悪を愛でる(長所も欠点も共に愛する気持)=犬丸正寛の相場格言(2010/09/28)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告